マダガスカル

別に行ったというわけではありません。
行こうと計画を立てているわけでもありません。

ですが、いつか行ってみたいと思う今日この頃です。
なんでも、マダガスカルに生息する動植物の3分の2がそこでしか見る事の出来ない固有だとか。
キツネザルやシファカといった原猿類を野生で見ることができるフォレストサファリツアーがあるというのは気になります。
もちろん星の王子様で有名なバオバフの木なども見てみたい。

続きを読む "マダガスカル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうとう不動@河口湖

0708_basashi
河口湖畔近くにあるほうとうのお店「ほうとう不動」。ドライブ中にぐるナビで見つけて入りました。
メニューは、はっきり言って「ほうとう」のみといっていいくらいですが、馬刺があったので頼んでみました。肉厚のつややかなスライスににんにくとしょうがをつけていただきます。ボリュームもある上に、かなり美味。

続きを読む "ほうとう不動@河口湖"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯ヶ島でお寿司

0702_yugashima1
友人たちと湯ヶ島へ遊びに行って来ました。お昼に入ったお寿司やさんで食べた魚のおいしかったこと。魚は新鮮、そしてわさびがなんともまた味わい深かったです。

続きを読む "湯ヶ島でお寿司"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキサス州議事堂

0602_austin
出張で、テキサス州の州都オースチンへ。
ちょっと空いた時間に、州立議事堂を見学してきました。
米国の議事堂って国会だけでなくてどこも同じような形しているんですね。

0602_austin_2
もちろん使われている建物ですが、議事堂内部は自由に見学できます。この辺のおおらかさかは、やはりテキサスだからなのでしょうか!? この画像は上院です。なんとなく威厳を作り出す座席ですが、下院のほうはずっと機能的な感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウステンボス

0602_huistenbos
ハウステンボスと長崎に行ってきました。春にはまだ少し早いですが、ハウステンボスの風車の周辺には温室で育てられたチューリップが植えられて、ひとあし早い春の風景を楽しむことができ、大満足でした。

0602_huistenbos2
一角で買われていた馬。オランダ王家に伝わる由緒正しい馬らしいですが、それにしても長い毛が特長です。

続きを読む "ハウステンボス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東横イン違法改造問題

次々と出てくる東横インの違法改造事件。
設備の新しさ・確実さと安さ、そして立地ということではなかなかに便利な存在で、時々利用していることから姉歯・ヒューザー・木村の偽装建築以上の関心を持ってみています。

というわけで、ちょっと調べてみました。
まず、行政はなぜホテル営業そのものに対して口をはさめないのか・・・という点。
ホテル、旅館を営むには「旅館業法」に基づく営業許可を受ける必要があるのですが、許認可を行う地方自治体が口をはさめる条件はかなり限られてる模様。それは、おおきくいってふたつ。公衆衛生上の問題か、教育上の問題がある場合だけなんですね。前者は当然として、後者はつまり、ラブホテルなどの設置に関して口をはさめるということのようです。概ね教育施設から100m以内での営業には、教育委員会等が意見を述べることができるとのこと。
ということで、旅館業法の観点でこの問題に指図はできない模様。

そうはいっても、次のような努力規程はあります。
第三条の四 営業者は、旅館業が国民生活において果たしている役割の重要性にかんがみ、営業の施設及び宿泊に関するサービスについて安全及び衛生の水準の維持及び向上に努めるとともに、旅館業の分野における利用者の需要が高度化し、かつ、多様化している状況に対応できるよう、営業の施設の整備及び宿泊に関するサービスの向上に努めなければならない。
「利用者の需要が高度化し、かつ、多様化している状況に対応」というところは、身障者対応で手を抜いたことについて指摘されてもしょうがないところでしょう。ところが、この条項に対する自治体の指導や処分規程はないので、結局努力義務でしかないということの模様。

で、この会社ですが、関連会社のようにみえる「東横システム電建」が親会社。昭和28年創業で、同社のWebによれば4度の社名変更を経て今の名前になっています。まあ、もともとは土木建築・電装の会社だったんですねぇ。となれば、当初のマスコミ記者会見に対する西田社長の横柄な態度もわかりますが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

五浦海岸と六角堂

0601_rokkaku1
食後は、岡倉天心が創作活動を行った六角堂あたりを散策。冬の透きとおった真っ青な海が、気持ちよかったです。

0601_rokkaku2

六角堂は、まさに海に突き出した絶壁に建っていました。ここからの眺めはすばらしい。
0601_rokkaku3
六角堂の中は全面畳じき。正六角形のスペースを畳で埋めるために、正三角形をきりとったような台形の畳が使われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北茨城であんこう鍋

0601_anko1
春節で中国に単身赴任中の友人が帰国中ということで、仲間で誘い合ってあんこう鍋を食べに北茨城へ。出だしは予定していた特急に乗り遅れるなど散々でしたが、たどり着いた先のあんこうづくしの料理はなんとも美味でした。
実はあん肝って、臭みがあるからあんまり好きじゃなかったんですよねー。けど以前茨城で食べたアンコウはおいしかったので、かなり好きになりました。

0601_anko2
この日はあんこうづくしということで、あんこうのさまざまな部位(身・肝・胃・皮・卵巣・えら・ひれ?全部あったかは遅れたので確認できず)がそれぞれいろいろな形で食べられて幸せでした。特にあん肝は臭さがなくて滑らかでおいしかったです。

0601_anko3
けれど、鍋はいいですねー。最後にダシのきいた雑炊までいただいておなかいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

雪で成田空港大混乱

0601_costamesa
ロサンゼルス近郊へ出張。

22日夕方の成田発のフライトということで、成田空港に着いたのは午後の3時頃。空港駅から出発ロビーに上がってみると、なんかいつもに比べてものすごい混雑。チェックインカウンターへの列に並んでみるも全く進まない状況。どうにか前へ行って聞いてみると、なんと昨日からの雪の影響でダイヤが混乱して昼過ぎからチェックインを停止しているとのこと(@_@)

いつチェックインを再開するかわからないということで持久戦を決め込み、とりあえず同僚とレストランへ。本日の欠航便が発表されたものの、その中には入っていなかったので、そのうちにチェックインが始まるだろうということで放送に注意しながら待つこと3時間ちかく。6時過ぎにようやくチェックイン開始。

出発ロビーは午後以上の大混雑で簡単にチェックインできる状況になかったものの、なんとかチェックインにたどりつき、ようやく出国へ。ほとんどの便が欠航もしくはチェックイン停止になっているためか、手荷物検査場から出国審査はがらがらで拍子抜け。あっという間に出国できてしまいました。

あとは、ラウンジで搭乗のアナウンスを待つだけ。それにしても、某ラウンジでも状況がわからいために受付の女性にくってかかる客の多いこと、多いこと。女の子はほとんど泣きそうだった。仕事のスケジュールが詰まっているんだろうけれど、余裕がなくなるって、こわい。自分もそうならないようにしないと。

結局飛行機がスポットを離れ始めたのは予定時刻の5時間半後の11時少し前。成田空港の運用時間ぎりぎりで、滑走路を飛び立ったときにはほっとしました。(あとで知ったら、この日は1時まで運用延長されてたようですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【インド】国内線機内食

0512_kinaishoku
ムンバイ近郊のプネからチェンナイに移動する際に乗ったジェットウアウェイズの国内線で出た機内食。外国人用のメニューもあるのですが、あえてインド人向けのメニューをチョイスしてみました。
2種類のカレーにスープやピーンズなど。かなり量があったのですが、おいしくて全部平らげてしまいました。それにしてもインド料理は、辛いけどおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧