« 2005年3月 | トップページ | 2005年6月 »

iPod mini

0505_ipodmini
前からポータブルプレーヤーがほしいと思っていたところ、とうとうiPod miniの誘惑に負けて買ってしまいました。
Windows XPのサービスパック2を入れないといけないというのが面倒でしたが、セットアップそのものはいたって簡単。CDからコピーした曲をiPodに転送するのは接続するだけで自動だし、iPodの操作事もいたって簡単で使い勝手よくて非常に満足してます。
それにしても、白い円の部分がボタンになってるだけでなくてタッチパッドになっているなんて、想像もしてなかったです。
アップル製品を買ったのは初めてですが、非常に満足度の高いお買い物だったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根・山のホテルにて

0505_yamanoue

芦ノ湖畔に立つ、山のホテルのデザートレストラン「サロン・ド・テ ロザージュ」で軽いランチをしてきました。
思い立って気軽に箱根まで往復して来れるのは神奈川県民の特権ですね(^^)。

ちょうど新緑とつつじの花を楽しめる時期で、目の保養もできました(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七里ガ浜「リストランテ アマルフィイ」

0505_amalfi
R134沿い、七里ガ浜に面した「リストランテ アマルフィイ」にて。本当は「珊瑚礁」に行くつもりだったのが、月曜はお休みだったのでこの店に。
「三崎・長井・腰越漁港から入荷する新鮮な魚貝と、三浦でとれたハーブ・野菜をふんだんに使い」といううたい文句そのままの前菜カルパッチョはなんともおいしかったです。パスタもパンもおいしくて大満足でした。
この季節、R134沿いの海の見えるテラス席はいいですね。コーヒーの頃に雨がぽつぽつと落ちてきひさしの内側に避難したのはご愛嬌(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコムPHS

0505_wilcom
最近携帯の通話料がバカにならないなぁと思っていたところに、
ウィルコム、音声定額に申し込み殺到
の記事を知り、早速購入してみました。ウィルコム利用者どうしなら、音声とメールだけなら月額2900円でかけ放題、メールし放題というのは、携帯利用者からみると破格の値段。PHSですから、当然かけられるシチュエーションには制限がありますが、電車からかけることはほとんどないし、もともと移動時にも強いエッジのサービスなので、メールのやりとりくらいではそれほど不便はないです。
しかも、家族割引使って購入すれば2台め以降は2200円。
固定電話はIP電話化で無料&定額化の方向に向かいつつありますが、電話し放題の携帯ホットラインをわずか5100円で入手できるというのは、すごくないですか?

ちなみに端末自体はヤマダ電機で1円でした(^^)
(契約手数料別途&1年以内の解約手数料は4200円)

ウィルコムサイト:
 http://www.willcom-inc.com/top/index.html

| | コメント (5) | トラックバック (1)

白沙村の藍染め

0505_baisha_ai
白沙村の特産品は藍染めです。絞りをいれて染め抜いた布を干している光景は、日本と全く同じでした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラクターもどきのトラック

0505_track
麗江の町(特に郊外)でやたらと見かけるのがこのエンジンむき出しのトラック。車ですれ違うたびに撮影を試みたのですが、意外にスピードが早くてなかなかうまく撮れなかったのです。そしてとうとう白沙村で止まっているトラックを発見、撮影できました。
みかけはトラクターの後ろにトラックの車体をかぶせたような感じですが、これが結構スピード出ます。それにしても中国はまだまだ奥深いです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白沙村(2)

0505_baisha4
白沙村の町並みです。遠くに雪山が見えます。このあたりは土産物屋が連なり、観光客が歩くことを想定して整備されたエリア。

0505_baisha5
地元の人の格好はこんな感じです。

続きを読む "白沙村(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンパ文字

0505_tonpa
麗江を中心に広がるナシ族が使っているのがトンパ文字と呼ばれる象形文字です。 このお寺の壁には、このトンパ文字が書かれていました。
少し拡大してみると、なんともかわいらしい文字であることがよくわかると思います。
0505_tonpa2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白沙村(1)

この日は玉龍雪山に行く予定でしたが、取れたロープウェイのチケットが昼過ぎだったため、まずは麗江の近郊にある村、白沙へ。ここには日本で言うと鎌倉時代くらいに書かれたという仏教壁画があります。とはいえ、中国の歴史の中では比較的新しいものということになります。

0505_baisha1
村に向かう道は、牛の移動優先。タクシーもしばしストップです。
0505_baisha2
寺の入り口。なかなか立派です。しっかり観光地になっていて入場料を取られます。

0505_baisha3
これが壁画が収められているお堂。内部は撮影禁止でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麗江空港到着

0505_reikoap1

昆明から40分ほどのフライトで世界遺産でもある古都麗江の玄関口麗江空港に到着。いかにも山間の空港という感じです。

0505_reikoap2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆明の街角にて(2)

0505_kunmin6
これは綿菓子売り。風船みたいなカタチがちょっと新鮮です。
0505_kunmin7
ジューススタンド?
0505_kunmin8
都会ですが、空の青さがさわやかな感じです。さすが標高1800メートル(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆明の街角にて(1)

0505_kunmin3
昆明の街角では、さまざまな果物を売っています。ラズベリーらしきものや、いちご、すいか、すももなどなど。

0505_kunmin4

0505_kunmin5
パイナップルは、身を半分にして、さらに固い部分をこのようにたくみにくりぬいて売っていました。ひとつ買って食べてみましたが、甘くておいしかったです(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雲南民族館2

というわけで、雲南民族館の中の様子です。

0505_minzokukan2
これはシンボル的な寺院でしたが、なんだったけな・・・

0505_minzokukan3
竹だけで家でも橋でも作るという民族(名前は忘れた)のエリアにあった竹の橋です。

続きを読む "雲南民族館2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西山を望む

0505_seisan1
民族館の園内からは、昆明のシンボルともいえる西山(崖に道教寺院があることで有名)を望むことができます。 画像のとおり、園内は非常にきれいに整備された公園に、民族ごとの展示があります。
0505_seisan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲南民族館

0505_minzokukan1
昆明では半日強しか時間がないため、有名観光地である石林に行くのはあきらめて、雲南民族館に行きました。ここここは中国にある56の少数民族の生活や文化を紹介するテーマパークみたいなところです。

0505_minzoku_guide
園内は広く、自由に見学することもできますが、このような少数民族の衣装をまとったガイドさん(実際に地元の少数民族)に案内してもらうこともできます。ただし、もちろん中国語だけですので、言葉がわからないとどうしようもありませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国元への両替

0505_chinaban 最近出張が多いので中国元はいつでもある程度持っているのですが、今回はさらに地方に行くのであらかじめ多めに元に交換しておこうとしたところ、宿泊したホテルでは円からの両替できず、市中の銀行に行くことになりました。
その中国銀行でも、円からの両替は最大2万円までということで制限がついてました。うーん、あと1万円両替しておきたかったのだけれど、しょうがないです。

下の画像は、ホテル近くの大通り(東風東路)。空の青さが高原とも呼べる標高だということを感じさせてくれます。
0505_kunmin2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広州経由で昆明へ

今回の旅の目的地は中国・雲南省。
初日は広州経由で昆明まで入りました。広州からの乗り継ぎ便が1時間半ほど遅れたため、昆明到着は22時近くに。乗り継いだ広州空港は昨年夏に移転して開港したばかり。真新しくて明るい建物です。もっともショッピングフロアは妙に天井が低くて暗かったりするのですが・・・
0505_canap

昆明は、標高1800メートルもあるとは思えない大都会ですが、それでも空気はさわやかでした。行く前から中耳炎を患っていてわずらわしかったのですが、高地に来たら気圧がちょうどよかったのか、すっかり(一時的に)直ってしまいました(笑)
0505_kunmin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際線自動チェックイン機

0505_webcheckin

4月は何かとお騒がせだった中国ですが、デモも無事におさまったみたいなので?GWは計画通り中国に行ってきました。

特典航空券を利用しましたが、中国線はもともとeチケットでちゃんとした航空券が発券されないシステム。さらに今回はインターネットから前日のうちにWebチェックインしてみました。

成田空港に到着したら、改札を出たところにある自動チェックイン機に会員カードを差し込むだけで、搭乗券が発券される。この間わずか20秒程度。預け荷物さえなければこのまま出国ゲートに向かえるわけで、これはちょっと感動ものです。今回は時間の余裕があったけど、ビジネスで急いでいるときなどはいいかも、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年6月 »