« ラスベガスのモノレール | トップページ | ルクソール »

さすが米国

やっぱり米国だね、という話。
0501_fruits
日本と比べて果物が安い米国ですが(日本が高すぎるだけかも)、こんなカットフルーツを1ドルで売ってました。これを食べただけで結構おなかにたまります。それにしても1ドルは安いなぁ。結構新鮮でおいしかったです。
0501_monorail4
モノレールの自動券売機ですが、クレジットカードで買うことができるのはさすがです。
クレジットカードといえば、外国では現金を多量に持ち歩かないためにもキャッシングが便利ですが、ここラスベガスでは要注意。各ホテル内のATMではものすごく高利の手数料を取られます。だいたい20%近く。「CASINO CASH」と書いてあるATMはみなそうですが、多分ホテル内にはこれしかありません。高い手数料を取られないためには、もちろん銀行でもいいのですが市街地にはなぜか見当たらないので、ドラッグストアなどに置いてあるATMを使ったほうがいいようです。ただこれも曲者で、ATMの会社によって手数料が違うようです。1回あたり1.5ドルから2.5ドルというところのようですが・・・。それにしてもカジノの脇にあるATMの手数料、足元を見てるよなぁ(笑)

|

« ラスベガスのモノレール | トップページ | ルクソール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすが米国:

« ラスベガスのモノレール | トップページ | ルクソール »