« 韓国食品 | トップページ | 日中合同の月見饅頭 »

懐かしい風景

0409_yaoya.jpg
家からそれほど遠くないエリアを歩いていたらこんな八百屋さんを見つけました。
白熱電球の照明があたたかく野菜たちを包んでいます。懐かしい風景というのか、台湾あたりの夜市に通じるものがあるというか・・・。

|

« 韓国食品 | トップページ | 日中合同の月見饅頭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい感じのお店ですねぇ‥‥‥。梶井基次郎の小説「檸檬」に出てくる、京都寺町だったかの果物屋を思い出しました。その店の描写が、ちょうどこの画像のようだったと思います。人目さえ気にしなければ、店の前に立ってしばらく眺めていたい気持ちです。

投稿: 声高 秀史 | 2004.09.27 22:28

声高さん、こんばんは。
本当にタイムスリップしてしまったような感じで、私も立ち止まってしまいました。

投稿: くばたん☆♪ | 2004.09.30 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい風景:

« 韓国食品 | トップページ | 日中合同の月見饅頭 »