« 台風一過? | トップページ | 夕焼け小焼け »

日本の考古学発祥の地

0409_oomorikai1.jpg 0409_oomorikai2.jpg
JR大森駅のホームには、「日本考古学発祥の地」という碑が立っています。
日本で初めて新橋-横浜間に鉄道を敷くときの工事で工事責任者であるエドモント・モレルが大森貝塚を発見、発掘したことによるものです。
通勤電車区間ゆえほとんど気をはらう人はいませんが、こんな大きな土器が出てきたんですねぇ。

|

« 台風一過? | トップページ | 夕焼け小焼け »

東京」カテゴリの記事

コメント

東京に住んでいたくせに全然知りませんでした。
こんな遺跡が放って置かれていたのを
発見者が驚いたという、
大森貝塚発見の話は聞いた事があります。
そこから日本の考古学は始まったのですね。

投稿: shoegirl | 2004.09.02 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の考古学発祥の地:

« 台風一過? | トップページ | 夕焼け小焼け »