« プロジェクトX | トップページ | しだいに葉桜に »

リクルートの活動をしている君へ

新年度を迎えてフレッシュマンたち目立つシーズンです。
今年も4月1日とともに採用活動が解禁(経団連協定による)ということで、都心にはリクルートスーツの学生の姿も目につくようになりました。会社勤めも何年かしていると、採用活動の片棒をかつげということになり、この季節はそうした学生に会う機会も増えます。

会って志望動機やどんな仕事をしたいかということを聞くわけですが、ぜひその際は一人称で自分を語ってほしいです。多少間違っていてもいいから「思い」「気持ち」といったものが伝わってくるとうれしくなります。
会社にとっての採用活動というのは、これから一緒に仕事をする人を選ぶわけですから、気持ちを共有できることというのは大切だと思います。

何をしたいか、ということを相手に伝えたいとき、話をする前に「なぜ」「なぜ」「なぜ」というのを3回くらい自分に深く問い掛けてみると自分の本当の気持ちが見えてくるかもしれません。
それが見つかったら、つたない言葉でも構いませんから、君自身の言葉で、自分の奥底にあるその熱い塊をそのまま投げかけてほしいと思います。

本当の意味での一人称で語れるようになったとき、君の思いが伝わってくるのです。

|

« プロジェクトX | トップページ | しだいに葉桜に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リクルートの活動をしている君へ:

« プロジェクトX | トップページ | しだいに葉桜に »